働くママのつぶやき

働くママのつぶやき

ワーママの子育てや仕事の悩み綴ってます

1人目羊水塞栓症 2人目どうする?産めるの?

 

f:id:otkiitos:20200121151051p:plain

はじめに

初めての出産で、羊水塞栓症と診断され、母子ともに生きていたことが奇跡!という怖い体験をしました。

そのため、2人目をどうするか問題で夫婦でもめました。

ネットで検索しても、出てこなかったため、さらに不安になりました。

私が2人目を産むことにした理由をお伝えします。

 

2人目も羊水塞栓症になるのか

データとしては、10万分娩に5例前後です。

担当医にも再度確認しましたが、1度なったからといって、再度なるものではない。

確率としては低いけど、絶対起きないとは言えない。

そうですよね、確率の問題ですよね。

 

他の体験した人のブログもいくつか読みましたが、

宝くじに当たるくらいの確率とか。

 

再び、繰り返すことは考え難いということです。

 

出産後すぐの夫婦での話し合い

元々、子供は2人は欲しいと話していました。欲をいえば、もっと3人居てもにぎやかで楽しいだろうなと思っていました。

ただ、1人目で大量出血を起こした為、旦那はもう1人でいいと言い切ってました。

生まれた長女を大切に育てていこうという話でした。立ち合い出産だったため、旦那も怖い思いをしたのだと思います。子供に母親は必要だから、次もしまた羊水塞栓症になって私に死なれたら、子供がかわいそうだと言われました。

 

言っていることはわかる。けど、兄弟がいてにぎやかな家庭にしたかった私は、納得できず。出産後すぐは、理解したふりをしていました^^;

 

長女が1歳半を過ぎて再度話し合い

 2人目を諦められなかった私は、何度か旦那に考え直してくれないかとアプローチしました。こちらがしつこかったのか、渋々理解してくれました。

そして、絶対死なないって約束してよ!と言われました。

当たり前だよ!!

約束してコントロールできるものではありませんが、

気持ちも大切ですから!

 

そんなの決まってますよね、

みんなそうです!

ただ、出産は何が起きてもおかしくありません。

気合でどうかなるものでは、ありませんが気持ちも大切ですもんね。

 

2人目を産むのは怖くないのか?

 正直、普通の妊婦さんと同じくらいの怖さしかなかったです。何度も言いますが、

羊水塞栓症はそう簡単になるものでありません。たまたま前回はなってしまったという解釈です。

2人目を産むことは前回とイコールではありません。たくさん産んでいる人も、同じ出産は無いと言っていますし。

 

妊娠してもないのに、2人目を絶対産みたいという決意だけは強かったです。

 

出産方法については、次も無痛分娩にしたいかと問われるとそれはどうしようかなというレベルでした。

 

まとめ

羊水塞栓症だけでなく、1人目で怖い出産体験をした方はたくさんいるかと思います。2人目以降をどうするか、それぞれの夫婦、家族の形があるので、正解はありません。夫婦・家族にとって一番いい選択ができることを願っています^^

 

 

1人目出産までの内容

 

 

 

 

 

 

 

 

 

お得!【アソビュー利用】伊豆ぐらんぱる公園のグランイルミ行ってきた!!

はじめに

正月明けに、伊豆ぐらんぱる公園のイルミネーションを楽しんできました。

大人だけでも楽しめますし、子連れでも楽しめます。

我が家は、1歳・3歳の娘たちと行きました。

 

イルミネーションなので、もちろん夜です。

小さい子供を連れて夜でかけるのは、億劫ですよね。

私も迷いましたが、短い時間でも満喫できました!

行ってよかったです^^

 

夜のみですが、おすすめポイントをまとめてみました!

 

https://lh3.googleusercontent.com/v5IlXN2veTyquz0AhETLq9T1mu-CnohxWulRwR2Wk5GNH15Ma6yNbEpcg9yQ86FZpVO_YsCFeopyUBQASoXOK8nLFKNbIg5cfFH6XPBvIuihgt8G1khn1B_-MjSm0jMCwS6CjRyGekpl9djnQ3rsZCXWUZFqqIcCIkH6zLY0YDko1ZGNEqXYKqBmwVn3ZtxI9RCS4ePHhrG-j0PWeq8K4Gew-Skpmmb9SPUuULE54-8SzNJm4GevzcagTgxe52rYOLy0qMWWH7lpTKgndimgJmAGNUVGoZ65sZ1N6v2MHQyIVwnl_r92o_oUGnrr1P1j7wLx_sjufpHUmmemihnfFtBhalug-hi2DItRIeC_SS1cGO6Sz5u_VP5JtCmNNf7BWKtmevadGu7SOM9nmFUqZZfWWQq8UFlUYitBN4PJ23WsPwFxCk0xBHObPsGb7KIJUX9SU5fqH4Qa3Et6i3xgKPsfshFWYK49ObjY00bkWqijP_xeFn9QwS7ayoqPTxAwWIuJ-ON3pbNYXggio44e3wQToeXIxrWO7LlYchdSPHUtujIYmetRrPTFuHYZJjNSALXLvpQgLVnsevDJKOVa1X4c8ntxcSQopnS6Yst3HsyghyFLwd_NfeK6Lv5QkldtA3QzX129efgjJKfvDraPhg9t0HMqnqMiYUkyzADBit44xSIvL-q1LoE=w493-h657-no

 

伊豆ぐらんぱる公園

 

伊豆ぐらんぱる公園|伊豆シャボテン動物公園グループ


場所:

〒413-0231 静岡県伊東市富戸1090

電話番号:

0557-51-1122(代)

 

 

料金について

入園料:

≪昼の部≫

大人(中学生以上):1300円

シニア(70歳以上):700円

小学生      :700円

幼児(4歳以上) :400円

 

≪夜の部≫グランドイルミ

大人(中学生以上):1500円

小学生      :800円

幼児       :無料(※小学生以下は要保護者同伴料金)

 

注意点!!

昼夜入れ替え制のため、両方楽しむ場合は、昼の部と夜の部の入園料がかかります!!

大人一人が、昼夜楽しむと単純に2800円かかります。

 

駐車料金:

乗用車:500円(20分以内無料)

バス:1000円(20分以内無料)

 

夜の部の場合、駐車料金はかかりませんでした^^

 

公園内の移動

ベビーカーでの移動は割とスムーズです。ただ、イルミネーションされている範囲は広く、すべてがスロープを設置されているわけではありません。

小さな階段や段差がいくつかありました。

数段の階段なので、ベビーカーを持ち上げるのは容易ですが、

車いすとなると少し大変かと思います。

ただ、大きな通りが多いため、ベビーカー、車いすでも楽しめます。

 

 

イルミネーションは圧巻!!

まさに夜の部まで作り、イルミに力を入れている伊豆ぐらんぱる公園!!

入園とともに感動の嵐!

 

ヒカリと音楽が一体となったショーもあります。音楽に合わせヒカリが動き、色が変わるので、とっても楽しめました。

 

 

子供達も目をキラキラさせて、ジャンプして早く早くと喜んでました。

https://lh3.googleusercontent.com/MyaYyLb7BVHNuP7T3Xo-zPzigctwf2pfoRYG17_5ecef6cSeA85UzjI4Y-ryxMlRyy6f1JXZIJwy0ATJPw-boky1dPtNwtEB2orNausSCBSCJLzriYt-gLQfBgpo6FmmmXOLmVcVBA-o6E-y53GqlFfmvoz38zlMsf2zLjtaNVsHMAfLNF3_oMDNyxVrSjfK-oik71Sjh-8N1VgyhmJyyRl8uvYeoNZKlI5KBHIuIHrOisxDoiWCoqGYxgaROddAUsOdId4ju6flIiiEgHd_etC_rNWOpMj3ohLzSoD99wIxZ_m4e80_9tTu6qe41bmFI-G_MfAJnacWkEogQLvFZ6TnsEgfXyg0AZVtWJL85dsYppkJqffSkvlEb5R4RMBl_99DxNi-DBaA6JrvuBn__YSO99JHBioLUG8I5eAdO2xZhCkb1bpICZ_q7iq8AG_rmDE1ShDPcOR2GU9h9LkSCIRUb8Qse0ETsIkQmIU1LSKMYD8aaSov-CSgPlwku0XDFiF3CB1G65RGVtaOdS_JbLRlStsGUNrbly16v2A9k5x71RRSnMJq8rhOZSF4MYcD5Uh8WH1qw0UrT3Pt_3Oms6GQ0zJsRg8m-QplBaGrJDr4oSY-VOurJi8BI7j6IMfo83E8VnNymGAT_Ux7XsxQyNHRZSFSsXu3FvsGbFYwOpDzGnA3bISPwR4=w493-h657-no

 

https://lh3.googleusercontent.com/oFyu-JT5poXekyZKRwvM0NGvR1aYO7IcPUP9AF5xh66fIVbgk6G2FWqHWs-GtYzUYUHDyVxSzTW-CdywXTapsM4u4L6rTSu_xFn-Pb1-DEVNAxxbWaxHmvn4Ql0Vtd-oFisarYUz1wWuCgKZphgkycUV6gN-O8TuK0P9P7WJrMYTDdKJtisWQyG_Utu8_WbmHeTZpJbGc9tvzUDfFXpSgpx3GxBmVkgZFDYum0bT1_TXc6PgHbFDtzmY9LiApX7Nv2o05-JCFap9YgiSqArHd6CBsf1iLB-3JI6-8naUdueAC23iVTIjo6Do2UNmGQTXCLOLvWCJXkIQVoXu__ZlV02rE-4IQ8kvQNEVncC-Npgk0mHWKbdipSER3nZEgd9Qd65mPOm8oxPHRr2QaM98J_KXuiEzGltTxRHjQfzZXTB2bjx80Woe2IYyuZyQUAjD5GGgcqQZlyUpY7oFRLfaWVCYgazV-6yogXMZXRP37nLB6o5CEKm1JjCJQj-M3dbA6jyzlYTdU2rItX9mPnry6sjPDF4IhyBZOAN2YX49hl2T9FrwysDnAdiqH9eTUYfS6_oKqOkzH2b1h2mMqFnwJffhaLIfp9Bic34CtWXbwSH5aFg66zDVE5bxpK04x5PqZeWbrLevO26XRRDi-Xvzg5Xyz3gMS4VL7cwLpMJ6ku90nzl6b5Wqa7M=w493-h657-no

 

 

滑り台

110mのローラースライダーです。これが子供に一押しです!

幼児は保護者同伴が必要となります。

私も子供と乗りましたが、大人も楽しめます^^

 

夜の風景ですが、

ローラースライダーもイルミネーションが楽しめます!

 

 

 

階段脇には、ローラースライダー用にマットがあります。

ローラーでお尻が痛くなるのを防げます。

自由に使えるようになっているのが、ありがたいですね^^

 

このマットは大きくて、3歳の娘と大人の私が二人で一緒に乗れる大きさです。

パパでも大丈夫でしたよ!

 

f:id:otkiitos:20200213151712p:plain


滑り台が110mもあるので、いったん下まで降りると坂をあがるのが一苦労。

子供はうれしくて5回も乗りました!

付き合う親はへとへとです。笑

 

距離は長いですが、カーブもあり、滑っているうちにスピードは失速する傾向。

小さい子供も親と一緒なら安心です。

無料で遊べる遊具が他にもたくさんあるので、子連れには最適です!

 

お得に利用する方法!アソビュー利用

 今回初めて、アソビューを利用しました。

ネット予約、クレジット払い。

当日も携帯で、購入したデータを見せて入園可能。

 

全てが時間かからず、スムーズです。

そして、料金も安い。

 

大人1500円が1300円

 2人分で400円のお得!

値段も時間もすべてお得です^^

 

スマホに慣れている方ならすぐできます!

 ↓↓↓↓↓ ↓↓↓↓↓ ↓↓↓↓↓

旅行先での遊び や、週末の おでかけ 先をお探しなら日本最大級のレジャー総合情報サイト「asoview!(アソビュー)」にお任せ。

https://px.a8.net/svt/ejp?a8mat=3B5EB1+B89CJ6+455G+5YZ77

 

 まとめ

今回、夜のイルミネーションを楽しみたくて、伊豆ぐらんぱる公園に行ってきました。

子連れでも最高に楽しめます。

今度は昼の部に行ってみたいと思ってます。

夜のイルミは2020.8.31までやっています!

ご興味のある方は一度行かれてみてはいかがでしょうか?

 

 

 

 

 

【無痛分娩】体験してのメリットとデメリット。

f:id:otkiitos:20200121151051p:plain

はじめに

これまでに、無痛分娩を体験しての出来事をつづってきました。

無痛分娩は、産後が楽という言葉をよく聞きます。

メリットどデメリットを両方知ることが大切だと思います。

そして、出産方法を決めるのはあなたです。

 

↓↓今までの出産についての記事↓↓

 

 

 

 

 

 

 


 

 

無痛分娩のメリット

・計画分娩になる病院が多いため、予定が立てやすい

・痛みが緩和される

・心臓や肺への負担が少ない

・出産時痛みが少なく、体力を使い切らずに出産を終えられるため、産後の子育てへの余力を残すことが出来る

 

無痛分娩のデメリット

・陣痛や痛みが分からないため、息むことが出来ない

・吸引分娩や鉗子分娩になりやすい

・出産費用がプラスでかかることが多い

 

 

 

まとめ

出産にリスクはつきものです。今回の出産で、私は羊水塞栓症になりました。

これは、確率的にはかなり低いので、なるかも。

と考えなくていいと思います。考えたらきりがありません。

 

そして、妊娠・出産は奇跡です。

本当に命がけです。

無痛分娩のメリット・デメリットをしっかりと理解したうえで、

後悔のない選択をされることを願っています^^

 

 

【無痛分娩】まさかの羊水塞栓症。

 

f:id:otkiitos:20200121151051p:plain

 

 

はじめに

 前回は出産にて、多量出血。輸血をして、意識を戻したところまで書きました。

前回の記事はコレです。

 

今回は、赤ちゃんに会うまで。大量出血の原因についてお伝えします。

 

MFICUに

MFICUとは、「母体胎児集中治療室」の略で、簡単に言うと産科のICU(集中治療室)です。

 

出血が多く輸血をしたため、念のためにと移動しました。

点滴や管がつながれていて、身動きがとりにくい。

というか、ずっと分娩台の上であおむけでいたせいか、

身体はギシギシで、横を向くのもしんどい。

赤ちゃんは、新生児科に移っているため、会えなかったので、

どのような状況なのか不安が尽きませんでした。

 

 

医師からの説明

MFICUに移動した後、担当医が来ました。そして、

「大変な出産だったね」と。

 

先生方だって、もう日が変わるのに。

長時間労働もいいとこです。

 

私自身は大変という自覚はなく、遅くまで

迷惑かけてしまったとの思いでした。

 

初めての出産だったので、輸血は予想外だけど、

こんなもんかくらいにしか捉えてなかった。

 

 

医師からは、鉗子分娩になり、傷が増えたこともあるかもしれないけど、

出血がかなり多かったとのこと。

 

なんと5585㎖!!

この量がどれくらいかというと。

 

 体内に流れる血液量は、体重あたり8%です。体重1㎏あたり約80㎖なので、体重50㎏の人の血液量は4000㎖(4ℓ)

前血液量の約20%以上が短時間で失われると、出血性ショックとなります。そして、30%以上の出血で生命に危険があるといわれています。

 

 

私は、妊娠中約60㎏弱だったので、

60㎏で計算すると、全身の血液量は5000㎖弱(5ℓ弱)になります。

 

出血量をみると、ほぼ全身の血液が入れ替わったことになります。

 

落ち着いて考えると、よく生きていたと。

怖くなりました。

 

その日は、疲れと麻酔が残っていたのか、

すぐに寝てしまいました。

 

数時間おきに、看護師が出欠状況を確認しに

きていたので、熟睡とはいきませんでした。

 

翌日、翌々日

赤ちゃんに、早く会いたいと伝えるも

じゃあ、早く歩いてトイレに行けるようにならないとね!

と言われました。

ベッドから体を起こすだけでもしんどいくらいで、ベッドの横に腰掛けるのが精一杯。

 

産後1日目は、会いに行けませんでした。

 

 

産後2日目、ベッドの横で立ったり座ったりを自分でリハビリ。数回やるだけでクラクラ。歩いてトイレ、厳しいーと思いつつ、今日中に赤ちゃんに会いたい!との思いでなんとか繰り返す。

 

点滴もまだ入っていたので、点滴の棒ひっぱりながらトイレまで必死に歩く。

何とか目標達成!!

 

その後、医師に普通部屋に移っていいとのお許しもらい2日目の午後に移動!

 

赤ちゃんとの対面

やっとのことで、赤ちゃんに対面!!生まれた時に少し抱っこしただけだったから、会いたくて仕方なかった!

 

新生児室に預けられていた。

右目の下に、鉗子分娩で引っ張られたあとの傷があった。

頑張って生まれてきてくれてありがとう!!

もう感謝しかない!

 

看護師いわく、ミルクもたくさん飲んで元気とのこと。よかった。

 

産んだ病院は、母子同室。

初めてのことだらけで、わからないけどもう一緒に過ごせるだけ幸せ。

 

2日目の夜は、看護師さんが大変な出産だったから、もう少し休んだら?と配慮して下さり夜は、赤ちゃんを預かってくれました。

 

一緒に居たい気持ちはありましたが、体がついていってなかったので、助かりました!

 

 

医師からの再度説明

今回の出血は多かった。あれだけ、出血するのは、羊水塞栓症かもしれない。検体を調べている施設に送っていいか聞かれました。調べてもらった方が安心なので、お願いしました。

 

検体の検査結果はすぐに出ず、1ヶ月後の検診で分かりました。

 

やはり、羊水塞栓症と診断されました。

ようすいそくせんしょう?

何それ?

 

羊水塞栓症とは

『羊水塞栓症(ようすいそくせんしょう)』 というのは、羊水に含まれる赤ちゃんの成分が母親の血液中に入ることによって起きます。アナフィラキシーの一種みたい。

羊水塞栓症が、起きる頻度は低く、10万分娩に5例前後とまれに起きます。

ただ、発症すると、死亡率が60~80%とかなり高いです。最近の動向としては、医療が発達しているためか、死亡率は20~40%と下がってきているようです。

 

 

 入院中、何度も羊水塞栓症で検索。

調べれば調べるほど恐ろしい。

私が生きていられたのも、赤ちゃんが生きているのも

全て奇跡!!

 

本当に、死んでいたかもしれない。

今考えても、怖さしかありません。

 

生きて、生まれた我が子を育てられることが

どんだけ幸せか^^

 

文章として、わかりにくければ漫画「コウノトリ 19巻」で羊水塞栓症が取り上げられています。

私は、出産後に読みましたが、やはり怖かった。

 

おわりに

生死にかかわる出産を体験しました。出産は命がけ!という言葉は本当です。

妊娠、出産は奇跡です!今回、私の体験談を書きました。無痛分娩だから、羊水塞栓症になったわけではありません。あくまでも、いち体験談です。

 

無痛分娩を体験してのまとめは、またお伝えしたいと思います♪

 

R2年4月保育園入園 結果は内定!!

f:id:otkiitos:20191111223417j:plain

 

 

この時期は、保育園の結果発表でドキドキしている方多いのでは?

私もその一人でした。

みなさんのところには、もう結果届きましたか?

 

書類が届くまで

 

朝からポストを何度も開けました。笑

朝起きて1回。これは早すぎるのわかっていても

開けずにはいられませんでした。

 

長女保育園行く前に1回

 

送って帰って来てから1回

 

次女がお昼寝してから1回

 

11時までにすでに4回も開けてます。笑

 

そして、お昼前にバイクの音がブーンと聞こえました!

 

来た!絶対来た!と思い

旦那がポストに取りに行きました。

 

ここまで、待ったなら自分で取りに行けばよかったー

 

結果は?

旦那もいじわるだから、私が待っているの知ってたのに

書類渡してくれず

気になる?と不敵な笑い。。。

 

そして、旦那が開けるという。

 

姉妹で同じ園希望していました。

 

結果は

無事に同じ保育園になりました^^

 

ああー本当によかったの一言につきる

 

我が地域の入園状況

 

郵送とともに、倍率と入園のボーダーラインを提示してくれている。

この点に関しては、かなり親切だと感じます。

 

入りにくいと言われている、

0・1歳児のクラスもまだ二次募集して空きがある

保育園も結構あります。

 

申し込みする園を選定すれば、入れた、入れるんです。

 

倍率においては同じ区でも、地域によりかなりの差があります。

人気のある園は特に、申込者が殺到してる。

 

ひどい地域だと、1歳児の倍率30倍越え!

誰が入れるのよ!!というレベル

 

それに比べ何か所かは、倍率1を切っている。

申し込んでいれば、入れたわけです。

 

同じ区でも地域や保育園によって

ここまで差が出ているため、

そうしても入れたい人はやはり希望園を書く時に

戦略を練る必要がある。

 

 

そして、ボーダーラインをみてみると、

倍率がたかいところは、兄弟加点があっても、入れてない人がいる。

 

0・1歳児では、ほぼ両親ともフルタイムが必須。

それでも、入れない家庭あり。

 

ただし、小規模の保育園で2歳児までの保育園や

新設される保育園はボーダーがかなり低い。

 

合計ポイントがフルタイムの約半分でも、1歳児で

認可保育園に入れている状況です。

 

保育園に入りたいなら、ココが狙い目!

フルタイムで絶対に保育園入りたい人が入れず、

ポイント低い人が認可園に内定もらえている。

 

ポイントは絶対ですが、希望する園を書くのにも、

戦略です。

 

〇小規模の保育園

2歳児までのため、それ以降転園が必須。そのため、申込する人は少ないので、狙い目!

〇新設の保育園

これは、どんな保育園かわからないため敬遠されがち。今回も、新設園を書くか書かないかで雲泥の差があらわに。私も書くか迷いましたが、復帰が絶対だったので希望の最後に書きました。

 

〇人気がない園

人気がない園を選ぶと聞くと、そんな園に自分の子供を預けたくないと思うかもしれません。先生や教育方針が合わないのであれば、申し込むべきではありません。

 

ただ、人気がない理由が、駅から遠い。預ける時間帯が短いや延長時間が短い等で、申し込みが少ない場合もあります。自分が申し込むにあたり弊害とならないのであれば、書くべきです!

 

前年度やさらにその前のデータ確認する。区や市によっては、保育園の申し込みの倍率やボーダー得点を公開してます。データーを読むのです。もちろん、データーなので、毎年変わります。ずっと人気の園は、ポイントが高いことや倍率が一定して高い。

 

申し込みが少ない園は、両親フルタイムの点数を割っています。その点数が低いところでも、見学に行き、自分の眼で確認し問題を感じなければ申し込みすればいいだけですから。

 

まとめ

我が家は無事に姉妹同じ園になりました。ただ、運が良かった、すべて結果論です。

ただ、新設の園も申し込みにかいていたので、ポイントではそこの園には入れたと思っています。

 

今回、内定がもらえず、さらなる申し込みで多変な思いをされている親御さんはたくさんいらっしゃると思います。

 

働くママ達が安心して、子供を預けられることを願っています。

 

 

無痛分娩にて出産。鉗子分娩、大量出血。

 

f:id:otkiitos:20200121151051p:plain

 

 

 

子供達が寝てから、更新しようと思っていましたが、

なかなか寝ず。一緒に寝落ちしてしまう日々です。( ;∀;)

 

前回は、分娩室前のところで終わりました。

 

 

ot-kiitos.hatenablog.com

 

 

続きです。

 

 

 分娩室に入ってから

なんと。。なんと麻酔の入れ直し!!

 

分娩台に上がり、痛みもありました。

担当医が、そんなに痛い?痛いなら

麻酔の管がうまくはいってないかもしれないね。

一回入れなおそうか?と

そんな簡単に入れなおせるの?

この状況で?と

不安になりましたが、もう任せるしかありませんので。

お任せしました。

 

入れ直しは、再度横向きになり、

前回、麻酔を入れるときと同じように猫のように丸くなった

姿勢で行いました。

痛みはほぼ、ありませんでしたが、管が抜かれ再度入る感覚は

ありました。

 

管を入れるのは難しく、まっすぐ入っていなかった様子。

 

再度、麻酔の管を入れ直し、痛みはなくなりました。

 

出産

 

痛みがない。ということは、陣痛を感じません。

赤ちゃんが出てきたい!というタイミングが産んでいる私には

分からないのです。

 

モニターをつけているので、医師に息んでと言われる

タイミングでお腹に力を入れますが、

めいいっぱい力を入れているつもりですが、それもどこまで

入っているのか定かではありません。

 

その後、なぜだか、吐き気が襲い気持ち悪くて嘔吐しました。

 

正直、時間の感覚はわかりません。

ただ、嘔吐した後から出産まではわりとすぐでした。

 

痛みがないので、言われることをするのみ。

 

何度が息んで、赤ちゃん苦しそうだから、

鉗子分娩にするねと。

 

〇鉗子分娩とは

金属性のへら(鉗子〈かんし〉)で児頭をはさみ引き出す方法です。
 母体に対しては軟産道の損傷、児には分娩(ぶんべん)損傷(頭蓋〈とうがい〉内出血、顔面の損傷等)などの合併症を起こすことがまれにあります。

 

引用:家庭の医学 より

 

それでもなかなか、下りてきてなかったのか。

私の息みが足りないのか、

 

「赤ちゃん生まれるよー」の時には、他の医師に

お腹をぐいぐいと、かなり押されていました。

 

そして、「赤ちゃん生まれたよー!!」

 

うん?泣かない。

大丈夫?って立ち会っていた旦那に聞きました。

出産時から手を握ってくれていましたが、

大丈夫、大丈夫!と励ましてくれました。

 

泣かない時間は、とても長く感じました。

数秒ではなく、10秒?20秒?

 

新生児科の医師が対応していたので、

待機していたということは、今考えると

お産が難航していたんでしょうね。

 

そして、か弱いながらも「ぎゃー」と

泣きました。

 

そして対面。抱っこ。

鉗子分娩のため、右の眼の下に傷がありました。

 

ずっしりと重い、けど小さな赤ちゃん

本当に生まれたんだと実感

うれしさと、まだ、か弱い鳴き声に不安が残りました。

このあと先生に再度診てもらうからね!と言われ

赤ちゃんとの写真を撮り、赤ちゃんはすぐに連れていかれました。

 

出産後

 

胎盤を出す処置をするねと医師に言われました。

 

ここまでの会話しか、覚えてないのです。

出産した時間は、15時半ごろでした。

 

私の記憶ではっきり、覚醒した時間はその日の23時過ぎでした。

分娩台に7時間以上居たことになります。

 

それも、目を覚ますと周り人だらけでした。

右手・左手の甲から注射器で輸血。

点滴でも輸血。

そして人の多さにこれはただ事ではないんだと認識。

 

ただ、手の甲からされる注射が痛くて痛くて仕方なかった。

 

私が目を覚ますと、担当医は痛がっていたから麻酔をして、

私はずっと眠っていたとのこと。

「出血が多いため、輸血しているね。」

 

明らかに担当医の上司であろう医師もいて、

「大丈夫だからね」と優しく声をかけてくださった

あの顔が忘れられません。

 

その後処置が終わり旦那が来ました。

 

すぐに赤ちゃんは?と聞くと

大丈夫だよ。元気だよ。と

 

安心しました。

ただ、すぐに会いたかったのですが、

それはしばらくおあずけになりました。

 

 おわりに

 

無痛分娩を選択したから、鉗子分娩になる。

大量出血になるという、意味合いではありません。

あくまでの体験談として読んでください☆

 

産後の状況については、また書きます♪

 

 

 

 

【無痛分娩】計画分娩 前日入院しました。

f:id:otkiitos:20200121151051p:plain

 

 

はじめに

無痛分娩を選択すると、麻酔科医が必要です。

いつでも、麻酔科医が対応できるわけではないとのことで、

必然的に計画分娩となりました。

 

入院

前日の処置

計画分娩の予定日は38w3d

入院は前日の38w2dの夕方からでした。

 

まだ、陣痛もなく、子宮口は開いていないので、

夕方より、点滴と子宮口を広げる処置をスタート

そして、バルーン(おしっこの管)を挿入。

 

子宮口に棒状のものを入れて広げます。

 

これが、辛かった。

言い方は悪いけど、無理やり子宮口を広げ

赤ちゃんの出る準備をするわけです。

 

看護師からは、痛かったら言って下さいね

と言われましたが、ずっと痛かったので、

もう我慢するしかありませんでした。

 

夜は、ずっと腰が痛くて仰向けになっても、

横を向いても痛かったです。

 

当日

次の朝7時ごろ

子宮口は3cmまで広がっていました。

順調とのこと。

 

 

そのあと、子宮口に風船のようなものをいれ、

さらに子宮口を広げました。

 

午前10時頃

子宮口が6cmくらいに広がり

軽い陣痛が始まりました。

 

そこで、硬膜外麻酔を行いました。

硬膜外麻酔とは、背中の奥に薬を入れるための細い管を入れます。

これは、麻酔科医が行い、硬膜外の管を入れるのに、

ベッドで横向きになり背中を丸めた状態で行います。

猫が丸くなるような姿勢と似ています。

痛み止めの注射を打ってから、管を入れる注射をします。

 

痛み止めの注射は痛いですが、

そのあとの管をいれる注射は、痛いと言うか、

ぐぐぐっ!!と押され、いやな感じでした。

 

痛み止めの管が入ったあとは、痛くなったら自分でボタンを押して

薬をいれられるように調整できます。

 

ボタンは、痛いときに押してOKで、薬の量はちゃんと限度があり

押しすぎるとしばらく反応しないようになっています。

そのため、効きすぎるということはないようです。

 

 

初産で無痛分娩を選択したため、どの程度の痛みでボタンを押していいのか

加減が分かりませんでした。

 

 無痛分娩だから、全然痛くないとかなり甘く考えていました。

無痛ではなかった。

 

陣痛のような強い痛みを感じないため、わずかな痛み。

会話も余裕でした。

 

あとどれくらいで生まれるのか?

全然イメージがわいていませんでした。

 

 

 

 お昼過ぎ、

14時半頃、子宮口が全開になり

そろそろ分娩台にと医師のGOサインがでました。

 

あぁ、もう少しで赤ちゃんに会える♡♡

わくわくとドキドキが入り混じっていました。

 

そして、分娩台にいってからが、

本当に長かった、、、

 

結果論ですが、

無痛分娩にしない方がよかったのではと

振り返るようなできごとが起きたのです。

 

長くなったので、続きはまた書きます。

 

 

 

プライバシーポリシー