12支言えますか?今年は丑年

はじめに

恥ずかしながら最近までは、『子丑寅卯辰巳・・・・と』午がでてこず、12支言えませんでした。娘たちと絵本を読むようになって、言えるようになりました!!笑

 

長女の方が先に覚えて焦りました。。。

読み方、漢字について調べてみました。

 

干支12支の順番と読み方は?

 

1.子 (ね=ねずみ)鼠

2.丑 (うし)牛

3.寅(とら)虎

4.卯(う)兎

5.辰(たつ)龍

6.巳(み)蛇

7.午(うま)馬

8.未(ひつじ)羊

9.申(さる)猿

10.酉(とり)鶏

11.戌(いぬ)戌

12.亥(い)猪

 

表記される漢字も異なるため、それがさらに覚えにくいかもしれません。

音やリズム、繰り返すことで覚えられますね♪

 

娘たちが12支に興味を持ったきっかけ

 

【十二支のはじまり】という絵本です。

これは、昔ばなしですが、なぜ12支の動物が決まったのかというお話。猫がなぜ12支に入れなかったのかというお話です。

たくさんの動物がでてくるためか、我が家では娘たちに大好評で、11月頃購入しましたが、しばくの間毎日読んでました!

 

子供達は興味関心が高いので、あっという間に覚えてしまいますね。

4歳の長女は12支が言える

ボイスで録音してみました。十二支ちゃんと言えてます!ここに貼り付けしたかったのですが、ボイスの貼り付けのしかた、わかりません。また調べて追記できたらと思いますが、、、、

 

まとめ

12支を覚えた長女は、自分の干支が猿と知りました。猿は可愛くないから嫌!と泣き始め兎がいい!!ですって。干支は選べないですからね。日本の伝統を私自身が学びなおすいいきっかけになりました♬

 

 

 

プライバシーポリシー