仙骨が痛い。自転車の漕ぎすぎ

はじめに


f:id:otkiitos:20210312070206j:plain


またまた、体の不調の話。仙骨とはお尻の真ん中の出っ張った部分。背骨をたどり腰よりも下のあたりです。
座ると痛い。。。

理由は?

考えられるのは自転車しかありません。訪問リハビリで、毎日20キロ前後自転車で走っています。最近は痛みも慢性化してきており、そろそろまずいなと思ってきてます。

自転車の距離もですが、こぎ方、姿勢も悪い。

元々猫背で、お腹の力、足の力も弱い。自転車は電動自転車なので、ペダルをこげば前に進みます。その時の姿勢はいつも座っているように、猫背、骨盤を後傾したお腹も背中の力も使ってない恰好。ペダルをこぐ足もがに股です。

自転車の距離を短くできたらいいですが、それは無理。一番簡単にできるのは姿勢の改善。

自転車のこぎ方

まずこれを変えようと思う。背中を伸ばして、少し内股で自転車をこぐ。そうすると、お腹と背中に力が入る。
正しい自転車のこぎ方なんて知りませんが、まずは姿勢が悪いことは明確なのでそこから修正してみます。

まとめ

元々体力無いのに、自転車で20キロなんてこの仕事を選択したことにミスが。まず、こんなに遠くまで自転車で移動するなんて思ってもみなかった。仕事で体力使い果たし、家での余力に余裕なし。これはまずいと思ってます。体力無さすぎ、、、30半ばでこれだと今後がまず過ぎる。今が鍛え時と信じたい。
しばらく自転車こぐときの猫背は封印して、仙骨、腰の痛みがとれるか実験してみます。

プライバシーポリシー