作業とは?作業療法とは?

 

f:id:otkiitos:20191118000222j:plain


仕事について書こうと思いながら

つい毎日起きる子育てへの思いが強く

なかなか進みませんが、

作業療法を知っていただくため

一歩ずつ前進、

 少しずつアップしていきます。

 

 

 

 

 

 

 

 作業とは。

『作業の辞書的意味』

 

[名](スル)仕事。また、仕事をすること。
特に、一定の目的と計画のもとに、
身体または知能を使ってする仕事。
「修復作業にとりかかる」「徹夜で作業する」
「作業能率」「農作業」

                                goo辞書より

 

辞書にもあるように、日本語で一般的に用いられる「作業」とは「仕事」とほぼ同じ同義語。特に物の製作や操作の仕事を指すことが多いです。

 

 

作業療法とは。

作業療法は英語に訳すとOccupational Therapyです。

英語で一般的に使われている”occupation”は「仕事・職業・生業」の他に、

「何かに従事すること」「活動」「占有・占拠」「期間」「地位」なども

指します。”therapy”は「療法」と訳します。

 

”occupation”の動詞形"occupy"が「時間・空間・場所を占有して何かに専念する」

という古語から来ています。

これらをふまえると、作業療法は、作業に焦点をあて、対象者にとって意味のある作業ができるようにすること、作業を用いて介入する職種であることの意味が分かります。

 

仕事や職業を療法する、治療するという意味ではなく、対象者の仕事や職業に関わる時間・空間・場所、つまりは生活すべてにおいて治療、アプローチする職種であると言えるからです。

 

生活すべてが対象というと本当に範囲が広いですね。

 

対象範囲が広いということは、対象となる人も幅広いと言えます。

 

次は、作業療法の対象となる領域についてお話します。

 

 

プライバシーポリシー